ページトップへ

コラージュの特長

コラージュはフェイスからボディまで 敏感肌・乾燥肌のトータルスキンケア

コラージュは、肌タイプ、季節、年齢に合わせて選べるトータルスキンケアです。
ひとりひとりの異なる肌の悩みに対して、皮膚科学に基づく機能性の高いスキンケアを研究し、肌に負担をかけないことにこだわっています。

敏感肌を考えたこだわり処方

敏感な肌の方が使えるようやさしさにこだわりました。
コラージュは低刺激性※1、無香料※2、無色素、配合成分を丁寧に選び、また、低刺激性と機能性を確認するために製品の機能や用途に合わせて様々な試験を実施しています。

  • ※1コラージュホワイトニングコンセントレートn、コラージュリッチ、コラージュフルフル育毛ローションは除く
  • ※2コラージュD入浴剤、コラージュDメディパワー入浴剤は除く

敏感肌って?

敏感肌の原因の1つは肌バリア機能の低下

敏感な肌は、乾燥や紫外線、ほこりといった外部刺激から肌を守るバリア機能が低下した状態です。
角質層の水分や皮脂量が減少し、肌荒れやカサつきなどトラブルを繰り返しやすくなっています。
バリア機能を保つためには、角質層に水分が保たれていることが重要で、天然のバリアである「3大保湿因子」が関係します。

乾燥や敏感で肌荒れしやすい状態

コラージュは肌に必要な3大保湿因子に着目!

「3大保湿因子」は、肌本来の持つ次の3つの成分です。
細胞間脂質<セラミド> 水分が肌から逃げないようにしっかり捕まえて、肌のバリア機能を担います。
天然保湿因子 角質層に水分をとどめます。
皮脂 皮脂で、うるおい膜を強化し、水分の蒸発を防ぎます。
角質層の水分が保たれた健康な肌

3大保湿因子は角質層の保水機能・バリア機能を発揮させるために欠かせない成分ですが、敏感肌・乾燥肌の方は3大保湿因子が不足しがちです。
乾燥と外部刺激からお肌を守るために、 3大保湿因子類似成分を角質層にバランスよく補給するお手入れを提案します。

  • コラージュ化粧品シリーズはシリーズ(化粧水、乳液、クリーム、UVクリーム)でご使用いただくことで、 3大保湿因子類似成分をバランス良く補うことができます。
  • コラージュDメディパワーシリーズは3大保湿因子類似成分をバランス良く補うことができます。(コラージュメディパワー薬用保湿ハンドクリームには、皮脂類似成分は含まれておりません)

セラミドは人の肌に欠かせない成分です

年齢を重ねるごとにセラミドは減少していきます。

「セラミド」は人の肌にある保湿因子のひとつで、水分が肌から逃げないようにしっかりつかまえて肌のバリア機能を担います。

セラミドは、レンガの隙間を埋めるセメントのように存在しています。

セラミドが不足した肌は、乾燥して外からの刺激を受けがちに。角質層のバリア機能をサポートするためには、セラミド様成分配合のスキンケアがおすすめです。

乾燥や敏感で肌荒れしやすい状態